<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

チャック、西へ行く

すっかりご無沙汰しました。
今はもう目にも鮮やかな美しい若葉の季節になりましたが、チャックは桜の蕾がまだ固かった頃、
電車に乗ってまっすぐ都内を西へと向かいました。

既に先住さんが二匹いるところ、ケージからかまくら型ベッド、子猫用システムトイレ、爪研ぎまですべてピッカピカの新品を揃えて、本当のママが笑顔で待っていてくれました。

f0243134_746747.jpg

             ジャーン♪



f0243134_747980.jpg

だのに未だに人慣れしていないチャックは終始イカ耳でした007.gif
見よ、この不機嫌なお顔。


f0243134_8184579.jpg

そこに、一匹ぼっちが寂しくて、毎日鳴いてばかりいた長老のちゃーちゃん(16歳♂)がご挨拶に。

f0243134_827960.jpg

撮り損ねたけれど二匹はいきなり鼻チュー053.gif
とってもいい感じ。
そう、チャックは人に馴れない分、猫が大好き!!


でもいずれチャックは愛情深いKさんご家族に囲まれ、きっと可愛い坊やになってくれると思います。
どんな風に愛情深いかと言うと、、、
ご主人はちゃーちゃんや亡くなった先住猫さん達の為に手作りで猫版コンサバトリーを!!
f0243134_8545496.jpg


f0243134_854054.jpg


f0243134_8534079.jpg


f0243134_8531327.jpg


f0243134_8523111.jpg

細部にいたるまで完璧に脱走不可の網が張り巡らしてあり、猫飼いなら誰でも憧れる夢の空間!!
実はご主人は玄人も跣足で逃げ出すほどの日曜大工の腕前で、このアーリーアメリカン調家具もご主人お手製です。
f0243134_9144970.jpg




さてもう一匹の先住猫さんですが、チャックが着く前日の朝保護、即日不妊手術して
夕方Kさん宅に帰宅。
f0243134_951157.jpg

072.gif光輝くこの美貌072.gif  ひなちゃん(推定6ヶ月♀)です。

ひなちゃんは二月末に突然Kさん宅の近くにたった一匹で現れました。
おそらく野良の子として産まれ、幼いうちから厳しい世界を生き抜いてきたのでしょう。
全然人慣れせず勿論さわらせもしない、全く人間を信用しない女の子だったそうです。
Kさんは既にチャックの里親さん候補に手を挙げて下さっていて、それだけに同じ野良の子として生まれた、寄る辺のないこの子猫のひなちゃんが不憫でならずご飯をそっと持って行ってあげました。
そして「うちはこの近くだから今度からうちに食べに来なさいね。」と告げたのです。
でもそれっきりひなちゃんは現れることはなかったそうです。

三月二日のチャックのお見合いの席でそんなお話を伺い、
「それではその仔がまた現れたらどうされますか?」との問いに、ご主人は「その時は三匹飼えば
いいだけのことですよ。」と鷹揚に答えて下さったことを昨日のことのように覚えています。

ところが翌三月三日の雛祭りにその仔は、今度は直接Kさん宅の庭にまるで「約束したでしょ?」と
言わんばかりに現れたそうです。
Kさんはその日にちなんで「ひなちゃん」と名付けて、「とにかく保護したい。それがムリなら女の子なのでせめて餌付けして不妊手術だけはしないと大変な事になる」と、トイレや猫ハウスを初めは庭先に、馴れてきてからはコンサバトリーの中に設置して頑張りました。
豈図らんや、初めは全然触らせもしなかったひなちゃんがすぐに馴れ馴れに。
そればかりか、居着いたコンサバトリーとリビングを仕切るガラス戸の外から「入れて〜、入れて〜」と鳴いてねだるほどに。
Kさんは「しめた!」とばかりに即刻動物病院に手術の予約を入れて、難なく捕獲。
ついでに蚤取り、駆虫、検便、血液検査と一通り済ませ無事Kさん宅のお嬢様になったのでありました〜。
それがチャックが行く前日のことでした。

コーヒーとロールケーキを頂きながら、こんな嬉しい話を聞かせて貰って一層美味しく感じました。
f0243134_1110826.jpg




今回Kさんは、先住猫ちゃーちゃんがいて新しい仔チャックを受け入れる話と同時進行で、自ら三匹目のひなちゃんを保護をされたのですから、そのタイミングや準備やらいろいろご苦労されたことと思います。
Kさんは、ひなちゃんは女の子だからここで見て見ぬふりをしていたら近いうちに必ずどこかで出産してしまうことに危機感を抱かれました。

これからの季節は野良の子猫がたくさん産まれる「魔の季節」です。
環境省の統計によると、平成23年度に殺処分された猫の総数は131,136頭で、そのうち離乳していない子猫は82,322頭ですが離乳している子猫も含めると全体の8割強だそうです。
その殆どは野良猫が産み落とした子猫です。
今ここで野良猫の不妊去勢手術を徹底したら殺処分数は激減するでしょう。
また保健所に持ち込まれるまでもなく、たくさんの子猫が厳しい環境の中で無惨に亡くなっている現実があります。
私達CATWINGSも微力ながら日々野良猫の不妊去勢手術を最優先の課題として努めています。
ですので、こうしてKさんが自らひなちゃんを保護されたことが何より嬉しく、チャックのお届け記事というよりひなちゃんの保護記事になってしまいましたがお許し下さい。

尚、チャックは「蓮ちゃん」という素敵な名前を貰いました。名付け親はKさんのご子息です。
今度の日曜日は去勢手術をするそうですが、もうそんな月齢になったんですね。
それからリビングデビューだそうなので、蓮ちゃん、ガンバレ〜071.gif
もう少しでケージ生活から解放されるからね。
                         byのらりん
[PR]

by whitegoldcats | 2013-04-10 14:01 | チャック