<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

高島の猫達 その3

高島では、いよいよ来月のTNR実施計画が具体的な準備段階に入りました。
殺処分ゼロを目指し活躍されている愛護団体と
地元の地域猫活動を推進されている愛護団体の方々(鬼に金棒!)が
立ち上がって下さることになりました。
とは言え、何より島民の皆様のご理解とご協力が得られるのが一番と思います。

そろそろ秋の出産シーズンを迎えますので、少しでも繁殖を
食い止めることができますように、、。
現在はまだ取り急ぎですが、近日中により詳細な報告ができると思います。

              byのらりん
[PR]

by whitegoldcats | 2013-09-20 10:54 | 街とネコ

こんにちは、チータン又二郎です。

こんにちは!片目の又二郎、チータン又二郎と申します。
なにかのご縁で、キャットウィングスさんへの
譲渡猫となり平成25年6月27日に八幡山の
動物愛護センターよりやってきました。
f0243134_21205734.jpg

なんでボクが八幡山のセンターにいたかって、
それは・・・思い出したくもない・・でも・・

昔はボクも半分くらいは飼い猫だったんだ。半分くらい外猫で
長い間、ボクを世話してくれていたおばあちゃんがいて
それで、チータンって名前までつけてくれていた。

ところがある日、どうしてだか今でもわからないんだけれど、
鳴いてうるさい!っておばあちゃんが急に言い出して、
ボクとしてはいつも通りのはずだったよ、
今年は特別ってことじゃなくてさ。

それで・・ボクのこと・・・もういらないって・・・
「チータン、もういらない。チータンのことはもういらないよ。」
って言って・・・・

それでキャリーに入れられ、自転車にくくりつけられて、
何がなんだかわからないままに、連れてこられたんだ。
処分されるために、センターに


その日はちょうどキャットウィングスさんのメンバーが
来ていて、すこし遅れてきた、すなめりるさんがボクのこと
に気がついてくれたんだ。
なにがなんだかわからなくて怖かったので
キャリーの中で小さな声で、「出してよ〜、いやだよ〜、」
って泣いていたのもわかってくれた。

それを聞いたキャットウィングスさんのメンバーたちが、
見るに見かねて「仕方ないですね・・これも何かのご縁。どうにかしましょう・・」ってセンターに引き取りを申し出てくれた。

その日は木曜日で、センターの人もおばあちゃんの気が変われば
いいな、と思って、「今日は引き取れないので、どうしても
と言うのなら月曜日にもう一度連れてきてください!」って言って
くれたけれど、でもやはりいらないって・・月曜日にまた連れてこられちゃったよ、

そんなことで、センターからキャットウィングスさんに連絡
がいったらしい。
7月4日にボクを迎えにきてくれて、キャットウィングスさん
かかりつけの獣医さんのところで少しお泊まりして
健康診断とか、去勢手術とかいうのを
受けてから、村人Aさんのお家に引き取られることに
なったんだ。

ぐらぐらになっていた歯も抜かれちゃった!

ただボクはセンターの獣医さんが調べて
くれたらエイズキャリア、
自分でもそんなこと知らなかったから、ちょっとショック!

でも「大喧嘩しなければ大丈夫でしょ!!喧嘩するような
若い子もいないし、この子も若くないし」って言ってくれて

よかったよ〜村人Aさんが大雑把な性格で、助かった〜

でも引っ越しなんてはじめての経験だったので、最初はお外
の植木を置いてある台の下に引きこもっていた、ヒッキーね。
檻になっていて本当のお外にはでられないんだけれどさ
だって知らない猫たちがいっぱいいて怖かったんだもの、

その部屋にはおばちゃん猫とお姉ちゃん猫と
おじさん(おじいさん?)猫がいるんだ

おじさん猫は赤坂新二郎さんっていって少し前にやはり
城南島のセンターから来たんだって、

新さんはおおきなお顔でシャ〜なんていうから最初は怖かったよ〜
でもどうも体が少し不自由らしく、ご飯はいつもお姫様が、
「よよよ〜」って泣くときみたいな格好をして食べているので、
そんなに怖がらなくても大丈夫っていうことが
だんだんわかってきた、

マダムあんぽん、って呼ばれているおばちゃんと
ピカソ、って呼ばれている個性的な柄のおねえちゃんは
ボクのことが怖いらしく、天袋に避難してしまった。
けれど今はそこが気にいってしまって、トイレを運ばせ
ご飯まで運ばせのんびり楽しそうにしている。

その分村人Aさんは踏み台を使ったりして大変そうだけれどね。
そのうちおしっこを頭からかぶるんじゃないかと、ちょっと
心配している・・

違う部屋にはまだいろいろ居るらしく、犬とかいう変なのも居た。
シャ〜シャ〜いって脅かしてやったけれど、慣れているらしく
軽くスル〜されてしまった。ちぇっ!!


ボクの名前だけれど、最初は二郎シリーズで益二郎、新二郎、
に続いてまた二郎、又二郎になったんだって。
よくわからないけれど・・

それで、「チータンなんて前の名前は捨てようね。
縁起もよくないし・・」
なんて言っていたけれど、あとになって
「でもなんだかんだ言っても13年もの長い間使っていた名前だし、チータンとしてその間、生きてきたんだものね。おばあちゃんにも本当はどうにもならない深い訳があったかもしれない・・」
となってチータンも残すことになった。

それでもって、正式名、チータン又二郎

でも本当はチータンって呼びやすいかららしいよ。チータン

最近はお部屋にも入れるようになって、新さんともお互い、適当な距離を保って寝転がったりしている。

f0243134_21175634.jpg

村人Aさんにも甘えられるようになった。
いつもヨダレを拭いてもらっています。

いまは一生懸命に甘えているんだ。

「又君・・もういらない。又君のことはもういらないよ・・・」
って言われないように、もう二度と言われないように、
暑いけれど甘えている。暑いよ〜って言われても甘えている。
f0243134_2114588.jpg

f0243134_21222919.jpg

[PR]

by whitegoldcats | 2013-09-03 21:23

高島の猫達 その2

本日9月2日
高島行政センターに電話で確認しました。
近日中に、地元の愛護団体の代表の方が、動物管理センター所長、続いて
高島行政センター所長とトップ会談されるそうです。

既に、島をあげて獣医と住民の協力のもとにTNR(捕獲→不妊去勢手術→元の場所に戻す)を
するという方向性は決まっているので、課題は具体的な方法と資金調達の問題だそうです。

野良猫狩りから一転TNRへ
これが時代の趨勢として日本中の自治体に浸透していってほしいですね。

余談ですが、つい先日も「NHK首都圏ネットワーク」で埼玉県所沢市の地域猫活動への
取り組みが特集で放映されていました。
           byのらりん
[PR]

by whitegoldcats | 2013-09-02 13:31 | 街とネコ